1.  ホーム
  2. 支援をうける
  3. 法人後見事業

支援をうける

法人後見事業

湯沢市社会福祉協議会が実施する法人後見制度

認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者の方々の身上監護や財産管理について、ご本人の権利を擁護していくことを目的に裁判所指導の基に行います。

私たち社協が実施する法人後見制度の特徴として、本人に資力(収入・財産)が無い場合でも、支援出来ます。また、個人としての後見人ではなく、法人が本人に代わって支援していくために、長期的に継続した支援が可能のため、将来的にも安心した後見が実施出来ます。

安心生活創造事業

厚生労働省のモデル事業として平成21年度から実施している事業で、市内各町内が主体で作成した「要支援者マップ」に表示された、一人暮らしや障がい者世帯、高齢者のみの世帯や日中高齢者のみの世帯、ひきこもりや生活困窮等の世帯の方々をエリアごとに定期巡回する地区担当訪問員が課題把握に努めています。

更に訪問員が生活福祉課題を把握した場合、地区担当CSW(コミュニティソーシャルワーカー)に報告があり、福祉の専門職として介入し、関係機関からの協力を得ながら課題解決を進めます。

  • チラシはこちら(PDF 約320KB)
© 2013 社会福祉法人 湯沢市社会福祉協議会